結婚相談所の主なタイプについて

会員数が多いのが魅力のデータマッチング型

結婚相談所には主に3タイプあり、それぞれに特徴があります。まず1つ目がデータマッチング型と言われるタイプです。データマッチング型とは、登録した情報をもとにその人に合う人をマッチングさせ紹介しているところです。データマッチング型は大手相談所が多い為全国に店舗を持っている場合が多く、会員数は約3万人〜6万人程度います。その為いろいろな人と出会いたい人向けと言えるでしょう。ただ会員数が多い分、1人のアドバイザーが何人もの人を対応する為、サポートが不十分になってしまう事もあるので、その点は注意が必要です。

二人三脚で婚活を行う仲人・連盟・フランチャイズ型

二つ目のタイプが仲人・連盟・フランチャイズ型です。こちらのタイプは仲人と呼ばれるアドバイザーが、契約から成婚までの間マンツーマンで徹底的にフォローやサポートを行っている相談所で、成婚が決まった時点で支払う「成婚料」を採用しているところがほとんどです。またこちらのタイプは小規模の会社または個人でやっている場合が多く、地域に密着しているところが多いのも特徴として挙げられます。その為地元を中心に婚活を行いたい人や、消極的で自分からは中々動けない人向けと言えるでしょう。

手軽に登録できるインターネット型

三つ目がインターネット型で、特徴としては登録している会員の中から自分に合った人を自分で探し出し、自分でアプローチしていくスタイルの相談所です。アドバイザーを通さない分料金は入会金数千円〜1万円程度というところも多く、その手軽さから人気のタイプと言えます。またインターネットがつなげる状態にあれば、24時間好きな時に活動できるのも魅力の一つと言えるでしょう。ただ全て自分で行う分、トラブルに巻き込まれた場合も自己責任になる為、その点は注意が必要です。

結婚相談所なら東京が人気があります。地方から出てきて、東京で働いている方が多いからです。便利な場所で人が集まります。