写真を撮る時のポイント

当たり前のことだけどむずかしい

「写真を撮る時のポイント」は、撮したいものをきれいに見せることです。良いカメラを使用すれば、素人でもプロ並みの写真を撮ることができますが、普通のデジタルカメラでもスマホでもコツを掴めばプロ顔負けの仕上がりになります。主役となるものを明確にすること、主役となるものを大きく撮ること、この2つを意識するだけで仕上がりに差が出てきます。どちらも当たり前のことですが、やってみるとなかなかむずかしいようです。

自然な写真を撮ると良い

子どもは3歳くらいになると自発的にポーズをとるようになります。カメラ目線をくれるのもこのくらいの時期です。0歳から2歳くらいの時期はなかなか良い写真が撮れません。停止してもらえないので「シャッターチャンス」と思って撮ってもうまく撮れないことも多いようです。子供の写真は、無理してカメラ目線を待つのではなく、日常の自然な写真を撮るようにします。この時期はなにかに夢中なっている写真が1番きれいに撮れます。

堅苦しくないやわらかい表情に撮れます

家族の集合写真は、停止してカメラ目線というのがスタンダードな撮り方です。しかし、それではぎこちなくてつまらない写真に仕上がってしまいます。ナチュラルにきれいに撮るなら、何かと家族というテーマを作ることです。何かというのはお花、赤ちゃん何でも良いです。お花だったらお花を囲み美しさに見とれている姿、赤ちゃんなら囲んでその様子を見ている姿を撮ります。テーマがあると表情がやわらかくなり、仕上がりもきれいです。

学校写真のカメラマンですが、以前は地域の写真館のスタッフが撮影することが多かったです。しかし近年では、学校写真の専門業者が撮影する場合が多いそうです。