結婚指輪の選び方について考えてみることの意味

愛の証としての意味あい

結婚指輪といえば、人生の晴れ舞台には欠かせないものといえるでしょう。基本的には、男性から女性にプレゼントするものであり、二人の愛の証といっても過言ではありません。金額の大小では決してありませんが、一生に一度の買い物ということもあり、多くの男性が奮発して購入するものです。場合によっては、女性から男性にプレゼントするケースもあるといわれています。どの指につけても構いませんが、左手の薬指につけるのが一般的です。

指輪にまつわる知識教養

結婚指輪をめぐっては、その金額の大きさからもジュエリー業界では、その需要を取り込みたいとして躍起になっています。そもそもなぜ薬指に指輪をつけるということについては、心臓につながる大切な血管が通っているからという説があります。また、風水の観点からは、薬指に指輪をはめることは契約を結ぶという意味があることからも、その重要性がうかがえます。さらには、指のサイズをあらわすのに「号」という単位が使われますが、リングゲージで測定することができます。

あくまでも自分たちの気に入ったものを

日本国内に出回っている結婚指輪のほとんどは量産品といわれています。東南アジアなどの人件費の安いところでつくられているのです。イメージとしては、先進国の工房などで職人たちが一つ一つ丁寧につくりあげていると思いがちですが、実際には違います。最後に入れる刻印に関しては、本国で入れるのが一般的です。結婚指輪についていえば、何よりも自分たちの気に入ったものを選ぶことが重要だといえるでしょう。販売店にいるスタッフの売上ノルマのために高いお金を出す必要はありません。

話題の結婚指輪の金額は、数万円程度となっており、各ブランドのパンフレットやホームページなどをくまなく探ることが有効です。