新郎新婦の幸せをプロデュース!結婚式で活躍する人達の仕事を紹介

大いに満足のゆく結婚式を提供してくれる人達とは

一生の愛を誓い合った2人が、家族や親戚、知り合いの方々を集め入籍を報告する場、それが結婚式です。そんな晴れの門出を盛大に祝うべく、最大限のホスピタリティを提供するのが結婚式をプロデュースする人達、いわゆる「ウエディングプランナー」と呼ばれる職業の人達です。新郎新婦にとって式を一生忘れられないものにしてくれるこの職業には具体的にどういった役割があるのか、また、どんな人に適性があるのかを以下に見ていく事にしましょう。

細かい気遣いが重要なウエディングプランナーの仕事

ウエディングプランナーを職とする人の仕事はまず、当然ながら新郎新婦となるお客様との綿密な打ち合わせからはじまります。お客様の意見や要望をしっかりと聞き取り、式をあげる場所の選定、当日の段取りなどを細かく決めていきます。式の前日までこうした詰めの作業は行われ、晴れの門出がつまづいたものにならないよう細心の注意が払われてゆくのです。そして式当日も、突然のトラブルにも対応できるよう会場の脇で進行をしっかりチェックし、最後まで滞りのないよう立ち会います。式が終わった瞬間はウエディングプランナーの肩の荷がおりる瞬間でもありますが、後片付けの段取りをきちんと行い、次のお客様への対応をスムーズに行えるように事後処理もしっかりとしなければなりません。

ウエディングプランナーにはどんな人が向いているの?

次に、ウエディングプランナーに必要な素養を見ていきましょう。この職業には特定の資格は必要ないものの、マナーや行儀に関しては厳しい業界なので、基本的な接客マナーは身に付けておく必要があります。また、新郎新婦にとって最大のイベントなので、どのようにして盛り上げていったら良いか、人をどのように喜ばせたら良いかを考える事のできる人に向いているとも言えます。満足いく式の実現のためにしっかりしたプランを立てられる想像力豊かな人、失敗のないよう何度も行われる綿密な打ち合わせにも対応できる注意深さ、几帳面さも求められます。以上のような素養を身に付けている人は誰からも喜ばれる結婚式をプロデュースする事ができるのです。

長崎の結婚式場で式を挙げることを決めたら、ブライダルフェアに参加することが重要です。二人で確認すれば納得できます。